いぼは正しい治療ですぐに除去できる~キレイ肌へ大変身~

女性

薬よりも手術

美容整形

まずは病院で診てもらう

いぼの治療に関してはなかなか行く機会がありませんが、生活に支障をきたすくらいになると治療したほうが良いことがあります。特にいぼが大きくなってきたりすると皮膚に関する病気の疑いも出てくるので美容皮膚科などの医療機関に診てもらうことが無難です。いぼの大きさにもよりますが、プツプツ程度のものであれば薬で治ることがほとんどですが、それでも何度も出てくる場合は、医者に見てもらったほうが良いでしょう。問題になるのは大きないぼの時です。特に、痛くない、生活に支障もない、そのようなものであれば問題ないと思うかもしれませんが、いぼの下には皮膚があり、いぼのせいで表に出られず皮膚が弱い状態になり、後々、痛くなってきたり、あざができやすくなったりと弊害もあるので、医療機関で見てもらいましょう。大体のケースはいぼを摂ってしまうことが多いです。それは見た目もありますが、病気の可能性もあるからです。なので異常を感じないからといって何もする必要が無いと思わずに治療をしてしまったほうが病気の疑念も晴れてスッキリした毎日を過ごせるので、治療するようにしましょう。いぼの多くは皮膚の塊や汚れが貯まってできたものが多いです。それ自体は問題ありませんが大きくなってくることが多く、場所によっては見た目が悪いという印象をどうしても受けてしまいます。それが皮膚がんやその他の病気であるというケースはまれなのですがゼロではないので、油断は禁物です。皮膚の成長の妨げにもなるので余計なものはなくすという思いで受診しましょう。

病院でおこなうこと

受診したら、まずいぼを見せます。大体それだけでこれは何だと言えるケースは少ないので、いぼを取って検査しましょうと言われ、手術の日程を決めます。大体外科手術する日は毎週何曜日の何時から何時までと決まっているので、事前時に調べて仕事がある人などは事前に予定を開けておくと良いでしょう。そうすれば医療機関に行った当日に手術の日程を組め、スムーズに治療を進めることができます。保険が適用されるケースもあるので手術といってもものすごいお金がかかるというわけではありません。しかし、それでも数万円は用意しておきましょう。事前にどれくらいかかるというのは言われるはずなので準備しておきましょう。手術当日は特に普通にしていれば大丈夫です。手術も30分以内に終わります。終わった後も患部を強く押したり、触ったりしなければ特に痛くないのでそっとしておきましょう。そうすれば後は普段通りの生活はできますし、お風呂も入れます。その時も患部にはなるべく触れないようにしましょう。だいたい手術の翌日に消毒してもらい、一週間後くらいに抜糸をします。これも特に痛いということは無いので心配する必要はありません。その時に検査結果も聞けますが、大体は大したことでな無いです。手術の後は前述したとおり、いぼの下の皮膚が薄くなっているのでしばらくは赤くなっていたりしています。あまり強い刺激は与えないようにしばらくはしましょう。そのうち、手術の後も消えて、普通の状態に戻ります。美容皮膚科であれば、皮膚科とは異なり、審美に特化した治療をしてくれるのでオススメです。