いぼは正しい治療ですぐに除去できる~キレイ肌へ大変身~

女性

悩むのはやめよう

婦人

方法を知っておく

年齢や性別に関わらず、誰にとってもいぼは気になるものの一つでしょう。顔にもし出来てしまえば悩む人も多くなります。生まれつきなくても、女性ならば例えば妊娠や出産をしたことによって、また性別に関係なくストレスや食生活によってある日突然いぼが出来てしまうことも決して珍しくはありません。いぼには大きく分けて4種類のものがあり、それぞれ発生する原因や出来やすい場所が違うため、それぞれの種類のいぼに合った対策・治療をすることが大切になります。多くのものが良性のことが多くそのままにしておいても問題ありませんが、中には治療をしなければ悪性のがんの原因になってしまうものもあり注意が必要です。ある程度の知識を持っておき、いぼをきちんと見分けて正しい治療ができるようにすることが大切です。いぼの治療で現在、一般的に行われている方法には4種類あります。それは切除手術、レーザー、注射、そして薬剤による治療方法です。切除手術は大きないぼや後述するレーザーの方法では施術することが難しい特殊な場所に有効です。ハサミやピンセットで直接いぼを切除するため確実に治すことが可能です。最も一般的で効果的なのはレーザーによる治療です。いぼの組織ごとレーザーで破壊するため出血や痛みもなく、カラダへの負担も少ないです。注射によるものはウイルスが原因で出来たいぼに有効です。薬剤を内服する方法は、カラダの内側からいぼを治します。内服薬が効果を見せるまでに時間が多少かかりますが、痛みがないため小さな子どものいぼ治療に使われることが多いです。

治療の内容

いぼになる時期や原因は人それぞれですが、その主な原因はウイルスによるものと加齢によるものの2つです。ウイルスによって発生するものは、ヒトパピローマウイルスと呼ばれる目ではとても見ることができないほど小さなウイルスに感染することで発症してしまいます。このヒトパピローマウイルスは少なくとも100種類以上も存在していることが分かっており、感染したヒトパピローマウイルスによって、できるいぼの種類も見た目も症状も、また感染しやすい場所も変わってきます。ヒトパピローマウイルスの主な感染ルートは、人の粘膜を通してカラダの中に侵入、皮膚下層部の基底細胞に感染することで発生させてしまいます。皮膚が傷ついていない健康な状態であれば、ヒトパピローマウイルスは体内に侵入することはできません。しかし、怪我などをしてその傷口がまだ塞がっていない場合には、そこを侵入経路としていとも簡単に体内に入り感染させてしまいます。また、プールにもウイルスがいます。感染しないためには不特定多数の人が触る場所に接触しないようにすることが大切です。このほか、歳を重ねることによることが原因で発生する場合もあります。これは、加齢による皮膚の老化や劣化により古い細胞が新しく生まれ変わりにくくなることで、発生します。加齢は誰にも止めることは出来ませんが、アンチエイジングケアを普段からしていることで予防することが大切です。ウイルスや加齢は止めることができないため、これからもいぼで悩み治療を受ける人は存在すると考えられます。